スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗とストレス

流行から遅れることに定評があるかもしれない僕のPSO2業務ですが、最近になって★11防具欲しさにエクストリームなんぞに通っておったりします。これまでの僕のエクスやらなさ加減というのも度が過ぎていて、現在他のアイテムなどで交換してたりしない分でパスが500枚弱あったりします。パスが配られ始めた頃、皆さんがチケットを分けあって何とか遊ぼうとしていたのを横目でみていた訳ですが、失敗したらチケットはなくなるわ難しくて死ぬ可能性もあるわで、多分ストレスを溜めることになると思い敬遠していたのですよね。
現在は自キャラのLV上限が上がって、とりあえず下手くそでもクリアする分にはなんとか可能になってきたこともあり、現状は普通に遊んでおります。その後、クリアしたら原石が25個もらえるなど報酬が改定されたり、称号で魔石が貰えてしまうなりとして、実装当初はとても届かないと思っていた魔石武器も頑張れば手に入る(いや皆さん頑張ってたので早々に持ってた人もいましたけどね…)感じになってきたというのも、環境がよくなったことの一環でしょう。


しかしまぁ、遊べるとはいっても下手くそのやることですから、結構死んだりします。エクストリームの怖いところは、たとえレアドロがあったとしても5ステージを無事にクリアしていなければ手に入らないというところ。特に、5ステージ目(だいたいボス敵)で負けると本当に悔しい気分になります。ハーフドールなどの予備措置をしていっても負ける時は負けるわけで、さすがにげっそりとなりますね…。そういう時は決まって伏線があって、ステージオーダーをクリアできない→敵に耐性がつく→倒せないとか、ステージ中のテストを解除しようとして死ぬとか、うまくいかない時は何をやってもうまくいかない連続感に絶望を感じます。
僕はユニットが欲しいので、エクストリーム全体を一周クリアしたあとで、当該ユニットが出ると情報のあるステージまで行かないといけない訳ですが、一回クリアしたステージであっても死ぬ時は死ぬわけです。通り抜けたいだけなのにと思うと一瞬頭にカーっと血が登ったりするとか、しないとか。
…PSO2は基本的には間口が広くて緩いゲームだと思います。マルチで遊んでる分には、死んだとしても無言の人にも皆さんムーンを(基本的には)投げ合ったりしますし、死んだところで記録が残るだけでデスペナがあるわけではありません。初期のPSOが、死んだらその場に武器とメセタ全額を落としてしまう仕様だった(一回シップから戻る必要もあるし、野良なら誰かに拾われてしまう可能性もある)ことを考えれば、かなり緩いといえます。寄生なんて悪口を謂われるプレイ、または確信犯的にそのような行為をすることも可能です。倫理的には問題だとしても。
そういう基準でいえば、エクストリームで僕のように無駄死にをしたり、あるいはアドバンスでカプセルが赤字になって憮然とすることは、一部の人にとっては今もハードルが高いことかもしれません。勿論基準というのは人によって千差万別ですから、マガツ周回でキューブが50個ゲットできる人と100個以上ゲットできる人がそれぞれ成功だと思っている可能性もあります。ただ、やはり失敗のストレスというのは概ね楽しくないものですよね。


娯楽でまで失敗のストレスを味わいたくない、というタイプの人はいますよね。自分のしたいことをするために選んで遊んでいるんだと。一方で、ある程度のストレスはエンターテイメントの内だという考え方もあります。映画なんかも見たくない場面を超えることで得られるカタルシス、ゲームでも難しいところを克服する喜びがあります。作り手がお仕着せで「苦労も楽しさの内だ」というのは共感が得られにくいと思いますけど…。要は、その娯楽に対して苦労やストレスを感じてもいい余裕を自分が持っているか、そこに投資する価値はあるかということだと思います。
僕としては、克服されるべきものが内包されている娯楽もあっていいと思っています。自分が見たいものを選ぶのが娯楽という考え方だと、結局知らず知らずのうちに同じようなものばかりを選んでしまう傾向になってしまうからです。広く手をつけるということは、嫌なものに触れてしまう可能性や、失敗してしまう可能性を高めてしまいますが、予め「失敗分」として自分の中に領域を確保していると、結構いろんなものが多く面白く感じられるようになると思います。僕はもう自他共に認めるおっさんなので、不真面目で不勉強な人間であってもいろんなものに触れてきたということで、そこそこそれなりに多くのものが並んで存在しているのだということが分かってしまいましたが、歳を取るにつれて新しく物を取り入れる余裕は狭くなってしまうというのも自覚しています。だから、自分に余力があって触れたものがスポンジみたいに吸収できる頃に、いろんなものに触れておくということはいいことなのだなと思うわけです。時間の使い方はそれぞれですので善悪を言うわけではないのですが、こと娯楽に関してはやれるだけやったほうが多分損はしないと思いますねー。


話がそれましたが、ゲームであっても克服すべき場面があるというのは結構なことです。まぁアクションが不得手な人がいきなりダークソウルみたいなのやれとかそういう無茶なことは申しませんが。
たとえヌルいPSO2であっても、とりあえず動かして触ってみて、失敗したらムカつくといって放り出したりするだけではなくて、コントローラーから手を離して失敗の原因を考えてみる(頭のなかでリプレイしてみる)。何事もそうですが、物事の理由や仕組みに納得できると、大抵の感情というのはそこそこ平穏を保てるものです。娯楽で克服できる類のものならなおさらですね。そのためには、より多くの情報に触れておき、有用なものを選別しておくトレーニングがあってもいいかもしれません。娯楽で失敗→ムカつく→投げ出すor悪口を言う、では意外と勿体無いことをしている可能性もあったりするのかもしれません。まぁ自分でいっておいてなんですが僕もストレスには大変弱いので、そういう心構えでいたいという願いですね。


…失敗といえば、最近のエクストリームの話にはオチがあって。
原石が50個溜まったので★11ユニットを一つ交換したら、その直後に同じのが出たりすると本当に絶望を感じますよね…。先に2つ部位を出してから交換すれば間違いなかったのですが、短絡化した思考の末路というやつです…。そんでまたストレスがー
スポンサーサイト

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

tag : エクストリームクエスト 近況報告

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カザシロカズキ

Author:カザシロカズキ
ship4の片隅に生息する非エリートアークス
twitter @BadHunterPSO2

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
タグ一覧

近況報告 PSO2運営方針考察 世界観妄想 SS付き 強化関連 エステ関連 クエスト考察 PSO関連 二次創作気味 アルティメットクエスト マガツ関連 個人的要望 アップデート予想 PSO2放送局 レアドロップ報告 PSO2関連作品 チャレンジクエスト PSO2es バランス調整問題 マイショップ・相場関連 エクストリームクエスト クラフト PSO2イベント マイルーム関連 ダークファルス関連 マグ ファンタシースターノヴァ 

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。