スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アークス広報隊にまつわる問題の顛末について

今日のアップデートと時を同じくして、日曜からこっちさんざん揉めていた、公式ニコ生配信企画「アークス広報隊」の一般公募枠についての最終的な結論が発表されています。

『PSO2アークス広報隊!』一般応募枠の中止について

前の企画となる「アークス候補生」は人気企画となりましたし、今回も何ヶ月も前から準備・告知されてきた企画でした。実際に僕も見ていた日曜日の放送は、熱心な人から悪意ある野次馬まで手広く含めても、結構な視聴者で盛り上がっているようにみえました。それだけに、企画の中止というのは運営側としたら断腸の思いでしょう。出演のみならず選抜に参加していたのはプロデューサー・ディレクターのみならずPSO2の情報発信の中核ともいうべき「PSO2放送局」のメンバーですので、これからの放送に禍根を残す可能性もあります。今は発表したてですのでどの方向に対しても感情的なコメントがあふれている状態ですが、運営側にはこれから先の継続的にフォローと舵取りが求められることになると思います。


今回の問題、僕の視点で言えば典型的な「ゲーム外ゲーム」の悪い結果だと思います。このブログで何度も使っている言葉ですので読んでいただいた方がいらっしゃれば納得していただけることかと思いますが、繰り返すと「ゲーム内で完結しない、運営側とプレイヤーのコミュニケーションが、ゲームそのものと同格、あるいはそれ以上認識され、継続して行われている状態」を想定しています。詳しくは以下のエントリを読んでいただけるとありがたく思いますが。

PSO2の「構造」④ ~「ゲーム外ゲーム」に負けた「物語」

実際の事実関係を一旦棚上げした上で考えると、「選考の際に不正を使った候補者や、それを追認する運営側に対して視聴者・プレイヤーが共有できる正義を認めさせたい」という動機が、煽り目的であれ、心からの怒りであれ、それぞれのプレイヤーを動かして公式への凸なり掲示板や告発動画へのコメント・支援なりに繋がっていったのだと思います。運営側の判断を覆す事自体がひとつの「ゲーム」として成立していたわけです。そしてそれは、結局運営側の判断を覆させることに成功しました。これだけ大きな結果が出ると、運営側はリスクを負った企画を立てなければなりませんので、次にやるとしてもかなり選択肢を限定したものにならざるをえないでしょう。一方でプレイヤー側は、動画の告発・メル凸といった行為に大きな効果があることを再認識し、より広範囲な行動で同様の手段を取ることが想像されます。
では、今回の問題でどこにより大きなリスクがあったのでしょう?
僕は、「ニコニコ生放送でゲーム配信する生主」という既存のインフラに乗っかろうとしたにしては、運営側のリサーチが足りなかったのではないかと思っています。自分から生放送を企画して自分を売り出していく生配信者は、大人気の人からほとんど知名度のない自己満足な感じの人まで様々に存在していますが、相応に自分を切り売りするリスクを負っています。自分が配信していると思っている情報以上のものが、動画およびそれに付随するものから配信されていると僕は思っているのです。そして、多くはそれを完全には管理しきれていないだろうと。一度でも公開していた情報は、たとえ該当の動画なりページなりを削除したとしても誰かによってアーカイブされ延々と残るということを、ネットの利用者は常に自覚するべきなのですが、なかなかそれは徹底されないみたいですね。まして、人気のある人になるとその危険性は飛躍的に高まります。「誰が誰と仲が良くて連絡を取り合っていた」なんて痕跡を消すのは難しく、どこからともなく追われてしまい、消去しようと努力するたびにより匿名性の高いメディアから放流されるというイタチごっこになります。まして、動画には端的な情報だけでなくて、個人のパーソナリティや感情も内包されているので、見ている方も感情を発露させる形で対応しやすくなってしまいます。そして、ネット生放送は放送者と視聴者という上流から下流への関係性とは別に、「(視聴者が)見てやっている・支えている」「放送のプロではない素人同士」といった感情的な対等関係と受け取られるので、その扱いも突発的・激情的になってしまうのではないかとも思っています。
「PSO2を使って成り上がる野心」とか「セミプロの素人がPSO2玄人を差し置いて選ばれる」ということなど、野心的なルールが運営側の当初よりの方針だというのであれば、それはそれでありなんじゃないかと僕は思います。ならば、起こりうる最大のリスクを考慮に入れて、運営側は備え、振る舞うべきだったし、当該の方を含め参加者は全てそれをじゅうじゅう認識しておくべきだったでしょう。今後このようなオーディションが開催されるとしても、こんな事態に発展すると知っていれば参加を渋る方も多いんではないでしょうかね。
視聴者が「ゲーム外ゲーム」のプレイヤーとして求めているのは、おそらく、納得のいくルールです。その納得が、倫理的・商業的には傍から見ればアンバランスなものであったとしても、ゲームとして枠を外していなければ、おそらく今回のようなことにはならなかったはずです。様々に「告発」された事象が、プレイヤーの多くにアンフェアだと思われてしまったことが今回のリスクでした。そしてそれは、感情的に人を結びつけて記録を残していくニコ生・生主というシステムからすれば絶対に避けて通れないリスク要因だったと言わざるをえません。問題を見守っていた人の比較的多数の人がこう思ったことでしょうからね……「結局これ、誰が選ばれたとしてもこうなったんじゃないの?」と。


上の方のエントリにある通り、僕は運営側がゲーム外でゲームを補完・補強するようなイベントを仕掛け、「プレイヤーが運営側に影響を与えていると思わせる」スタイルでプレイヤーを管理していく「ゲーム外ゲーム」について、前々から批判的に捉えています。ゲーム外でプレイヤー同士、あるいはプレイヤーと運営側が望ましい交流をするというのは、あくまでゲームに付随した面白さであって、まず第一にゲームの面白さ・作り込みを優先してこそ発生するものだと思っているからです。実際にアークスキャラバンなどに参加してその楽しさに触れた今も、その気持ちは変わりません。PSO2が好きだからこそ、その点にずっと失望していています。
今回にしたって、まったくゲームと関係ない部分で、ゲームの評判やコミュニティにダメージを与える結果になってしまいました。とても残念です。
もちろん、上手く機能していれば予想された効果を発揮していたのでしょうけれども…新しいことに挑戦するというにしては、公式にニコ生・生主を起用という手段は他のゲームでも行われていて独創的なものではありませんし、そちらでも既に様々な問題が起こっているわけで、安易だったのではないかと思っています。僕自身は「候補生」放送をほぼ観ていなかったので、PSO2がらみのニコ生に対する魅力を差し引いて考えている部分があるというのは事実ですけども、ゲームの運営を左右するほどに盛り上げて、果たしてよかったのかどうか。酒井Pが志向するゲームの枠を広げていく「拡大路線」が止まることはないと思ってはいますが、運営側には冷静な検証と、今後の運営に対するフィードバックをお願いしたいところです。さしあたっては次のアークスキャラバンでなにかしらのフォローがあるのでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

tag : PSO2運営方針考察 PSO2放送局

PSO時代のコスチュームが実装される件

PSO15周年としてキャンペーンが展開されている2015年ですが、PSOEP2のボスであるガル・グリフォンの実装、チームロビーであろうPSOのシティエリア実装に続いて、このあいだのPSO2放送局でPSOのコスチュームが実装されることになったと発表がありました。とりあえずヒューマー(ヒューマン・男・ハンター)とハニュエール(ニューマン・女・ハンター)の衣装が公開されて、僕も会場にいて盛大に拍手をしたものですが。


PSOを遊んでいた頃も今と同じようなキャラで遊んでいたので、ハンターの服をリファインした現在のコスチュームであるクローズクォーターや、フォマール(ヒューマン・女・フォース)の衣装のリメイクであろうフィーリングローブを愛用しているわけですが、実際にそのコスが実装されるとなると、昔のものを使うか今のものを使い続けるか考えどころですね。
もちろん即入手はすると思いますが…何事にも思い出補正はあるものですし、PSO2用に表現の解像度を上げて構成されたものが、この世界観でもマッチするかどうかというのは期待半分、不安半分です。PSOの時は着替えなどはできませんでしたので、コスチュームはそのキャラクターそのものという感じでした。他方、今は着せ替えが醍醐味ですから、エステでコストを払えば種族以外は全く違うキャラに作り変えることも可能です。どちらにも価値と利点はあると思いますけども、僕はそういうところは保守的だと思っているので、一度獲得した個性で大事なところは手放さずにおきたいと思いながら遊んでいます。
ですので、今回のPSOコスチュームの実装については、自分の中の「デフォルト」にまで至るかどうかというのが楽しみですね。今現在、男性キャラに関しては、どんな服を着せてもクローズクォーターに戻ってしまうプレイスタイルですので…まぁなんといいますか、実装されるコスがことごとく、体格がごついキャラには似合わないという理由もあるのですけどね。
しかし、ヒューマーの服についてあまり考えていなかったのですが、まじまじと眺めると半ズボン&吊った靴下みたいな組み合わせで、一歩間違えばかなり奇抜になってしまいそうなものをアニメ風ではなくSF風に格好良くまとめてあって、水野画伯&デザインスタッフの力量を感じるなぁと思います。


今回あった発表はハンターの服のみだったのですが、PSOには多様な種族・クラスがあって、今後は多分他のキャラクターのコスチュームやキャストパーツが求められていくことでしょう。PSOの時は特にフォニュエール(ニューマン・女・フォース)の姿は、PSO2でいうところのクラウンキャップみたいな帽子が「ぽんぽん」と呼ばれて親しまれていたのですが、今となっては、PSO2でフォニュエールと呼ばれているウィオラマギカの女の子に比べるとかなりサイケな格好で、そのまま実装されても使う人が出るかどうかは微妙だと思いますね…。そのあたり、やはりPSOはコスチュームのデザインと背景世界の作りこみが非常にマッチしていて、独特な世界観にも関わらず違和感がなかったという素晴らしい物だったと思います。
それはそれとして、今回のコラボに関しては「PSOから安易に持ち込むな」という一部意見もあるのだろうと承知しつつも、もう一度あの世界に触れられる、なおかつ若い世代の人にも触れてもらえる機会になることを期待しています。単なるコラボというか1商材として終わらせるのではなくて、より世界を自然にリンクさせた、より世界観の広がる慎重な使われ方をされるように、運営側にはお願いしたいところです。P-SPECで酒井Pが「PSO2はラグオルがある宇宙と同じ世界観である」という旨の発言をされてますので、それが反故になっていないことを信じたいですね。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

tag : エステ関連 PSO2放送局 アップデート予想 PSO関連

PSOシップ内風景とガル・グリフォン

今日はアークスキャラバン・仙台の中でPSO2放送局が放送され、以前から発表されていた夏へのアップデートのチラ見せ映像として、PSO意匠のリバイバルとコラボボスのガル・グリフォンが公開されました。
まだ、実際にどのように実装されるかという具体的な内容は発表されませんでしたが、旧作をプレイした者としてはやはり期待が膨らみますね。


PSOの街並み的な映像に関しては、旧作の映像とPSO2の実機映像をダブらせた感じでまだPSO2のゲームシステム上で動いているという感じではありませんでした。映像で表示されていたのはPSOのプレイヤーが所属する「ハンターズ」の拠点ともいうべき、宇宙船「パイオニア2」の船内・市街地の模様でした。PSO2の機能で言えばキャンプシップ相当ですが、PSOでは物語上のクエストを受注する「ハンターズ」のロビー、軍が管理する惑星ラグオルへのテレポーター、メディカルセンター、アイテムを管理してくれるカウンターや、武器や防具の売買が出来るショップ、さらにはプレイヤーに調査を依頼してくる「パイオニア2」総督の部屋に行けるテレポーターなどが設置されていました。動き回れる場所はそれほど広くありませんでしたが、狭いながら街を模しており、一般人なども歩いていたり上空を飛行機が飛んでいたりでSF感を感じさせてくれる光景だったのを印象深く覚えています。
以前に発表されたロードマップで観る限りは、ロビーではなくてチームルームとしての実装になることと想像されますが、「ロビーシステム拡張」という項目もあり、その辺との兼ね合いがどうなるのか楽しみですね。


また、PSO15週年コラボボスはガル・グリフォンということが発表されました。
ガル・グリフォンは、PSOエピソード2に登場した変異種(実験生物)のボスで、エピソード2で探索を依頼される惑星ラグオルの絶海の孤島「ガル・ダ・バル島」に君臨する主として登場します。文字通りグリフォンのような姿を持ち、デ・マルモスのように突撃したり、空中に飛び上がってクォーツ・ドラゴンのように突撃→低空飛行でプレイヤーを翻弄したり、あるいは竜巻を起こしたりする難敵です。特に距離に応じて攻撃力が変わる攻撃があって、近距離で受けると即死級だったりするのもありました。探索目的地の広大で美しい島と合わせて、非常に印象深いボスと言えるでしょう。
ダークファルス・ルーサーで実装された★12タリスのガルウィンドは、武器の説明にある通り、もともとこのボスからゲットできるエネミーウェポンだったのですが、先に実装してしまったのでちょっとおかしなことになっていますね。まぁ、多分戦えるようになると実際にこちらからでもゲットできるようになると想像されますが。
実際にどのように実装されるかに関してですが、クーガーなど、これまでのコラボボスのように、混沌系緊急クエストのEトライアルやボス部屋に設定され、当該期間が終わってもEトラとして居残るという感じが妥当だと思われます。レア種が設定されるとパラレルエリアに出現するようになるかもしれません。単にPSO15周年のコラボということではなく、物語上で多少は配慮するとしたら、やはりパラレルなど時空の歪みによってPSO世界となんらかの繋がりがあるような設定になるのでしょうけどね。アルティメットエリアがそのような設定であるようですし、今日公開されたガル・グリフォンのボスステージがPSO時代のそれを踏襲しているようでしたので、単なるお祭り系な実装ではなくて、多少はスマートな導入になることを期待したいと思います。さすがにガル・ダ・バル島エリアのフィールドを期待するのは無理だと思いますが…しかし、海上施設を実装して以降はフィールドエリア追加もありませんので、そろそろ新しい場所を冒険したいという気持ちもあったりします。


オラクルが時空間ワープ技術を高度かつ容易に使用できるという設定を背景に、あらゆる時空のあらゆる要素を実装できるようにしてあるという物語構造が、なし崩しに展開されていると僕は考えているのですが、一方で開発・運営側はPSOやPSUの要素を踏襲しながらもそのままの形でコラボ・実装という方向には持って行きたくないような意志も感じます。あくまでも物語的に厳密なリンクを避けているといいますか。今回も多分、要素的には昔ながらのプレイヤーの興味を引きつつもそのものではないという線を狙っているのでしょうね。
個人的には、PSO2のダーカー同様、ダークファルスに汚染されつつも独自の進化を遂げたPSOエピソード1の遺跡エリアの意匠とエネミー群を復活させて欲しいのですが。特にシリーズおなじみの敵であるカオスソーサラーの実装が待たれます。ラ・フォイエやギ・バータを使ってくる厄介な奴ですが。
一方で、こういうコラボが続くといまさらPSOとリンクをしてくれるな、という古いファンの心理も一方ではあるのでしょう。それはそれで理解できます。ただ、僕としては、今後も旧作的な要素を使っていくのであれば使いっぱなしにするのではなくて、世界を広げる意味で使い捨てにするのではなく、大事に使っていって欲しいとの願いが強いです。単にファンサービスで終わるのではなくて、PSO2からのプレイヤーにも親しんでもらって浸透するように馴染ませていってくれればなと。
まずは後続の情報を待ちたいと思いますね。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

tag : PSO2放送局 世界観妄想 PSO2運営方針考察 PSO関連 アップデート予想

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

カザシロカズキ

Author:カザシロカズキ
ship4の片隅に生息する非エリートアークス
twitter @BadHunterPSO2

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
タグ一覧

近況報告 PSO2運営方針考察 世界観妄想 SS付き 強化関連 エステ関連 クエスト考察 PSO関連 二次創作気味 アルティメットクエスト マガツ関連 個人的要望 アップデート予想 PSO2放送局 レアドロップ報告 PSO2関連作品 チャレンジクエスト PSO2es バランス調整問題 マイショップ・相場関連 エクストリームクエスト クラフト PSO2イベント マイルーム関連 ダークファルス関連 マグ ファンタシースターノヴァ 

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。