仮想プラットフォームとしてのPSO2

今日、任天堂とDeNAの業務提携が発表されました。任天堂がソーシャルゲームの会社と協業するというのは、一面から見るならばポリシーを曲げてしまったとか経営厳しいのだろう、なんて厳しいツッコミもされると思います。が、ハードメーカーとしての活動をやめるわけでもないので、大きなプラットフォームの拡充・拡大戦略なのだろうという受け止めでいい気がします。強力なコンテンツと統一されたプラットフォームというのは長らくゲーム業界の基本フォーマットでしたが、スマホのような機器の普及や、steamのようなサービスの拡大で、ハードとソフトの垣根はかなり低くなっています。社内LANですらネット上に仮想として構築されることも当たり前になってきている感じですしね。そういう中で、おもちゃメーカーとしてのアイデンティティーを保ちつつ新しい分野に柔軟に取り組むということであれば、任天堂が受けている最近の、なんだかやけに強い風当たりも和らいでいくのかもしれません。
とにかく、ゲームが単なる暇つぶしと乱雑な集金装置でしかない展望が変わっていくのなら歓迎したいところですね。


さて、セガだって10数年前はプラットフォームを持つハードメーカーだったのですし、今でもコンシューマやスマホだけではなく様々なエンターテイメントにリンクした分野を展開するパブリッシャーです。いまでもゲームファンであればセガがもう一度ハードを作るなんて夢を描いては肩をすくめる感じだとは思いますが(笑)、単なるソフトメーカーではない扱いをされていると思っています。
それはセガ社内にいる方たちもきっとそうでしょう。事あるごとにプラットフォーム的な考え方を商品の展開にちらつかせているような気がします。現に、セガ3D復刻プロジェクト(のちにセガ3D復刻アーカイブスとしてソフト販売)という、ニンテンドー3DS向けに往年の名作を3Dで作りなおしたシリーズを発表した際、セガと開発を担当したエムツーという会社は、3DS上にわざわざメガドライブの仮想ハードウェア「ギガドライブ」を構築したうえで、ソフトを作り上げていくという手法をとっていました。このギガドライブはやろうとおもえば仕様を提供できるという話だったらしく、その気になればメガドライブ的なソフトの新作をそこで作れるというシロモノだったらしいのです。まぁ面白いことを考えるというか、隙あらばハード的に何かを作ってしまおうとするセガがらみの人の発想にはいつもびっくりさせられるものですね。


そしてまた、僕らが遊んでいるPSO2も、数ある「セガ仮想ハード」の一つのような気もします。
沢山の人が遊ぶプラットフォームとしてPCやPSVitaやスマートフォンに繋がり、広告媒体として、オフラインイベントで人と人を繋ぐハブの役割として。全部が上手くいっているわけではないと思いますが、単なるMORPGというところから境界を超えて、様々なものにリンクさせていくというスタンスは、まさに大規模なプラットフォーマーの構想でしょう。
まずは一義的にオンラインRPGとして完成されることを優先すべきという意見のほうが大勢でしょうし、僕もそちら方面で批判をすることもよくありますが…一方でこういう形でゲームを展開していくというのはチャレンジだと思います。
PSO2は、数々の失敗や計算違いがありながらも、PSO、PSUシリーズよりも規模は拡大しつつ、いまのところは破綻する感じでもありませんし。
繰り返しますが、破綻なく凡ミスのない、バランスに荒れることもないゲームであリ続けることは非常に重要で、まず達成されなければなりません。それとは別方面で、ぶちあげた高い構想を着実に実現していくことをしなければ、何事も内向きな再生産になっていってしまいます。PSO2の最初のキャッチコピーではありませんが、常に冒険は必要なんですよね。
僕の妄想で一例を挙げるならば、ロビーのモニターでPSO2放送局のストリーミングをみんなで観るようなことですね。映像や音声のクオリティをかなり下げたとしても、みんなでわいわいがやがやとチャットしながら観るというのはとても一体感のある体験になるでしょう。技術的に可能であるならば、PSO2放送局のみならず、タイアップしたアニメや番組などを放送することも可能になるはずで、全く新しい企業とのコラボも視野に入れられるわけです。


今年で運営三年、大きなロードマップの中にはびっくりするような内容もきっと構想されているはずです(ありがちなのでいえば、新ハード対応とかね)。運営側が言うとおり本当に10年運営するのであれば、平均的なゲームハードの寿命と同等かそれ以上のものになるわけで(少なくともこれまでのセガハードと比較するならもっとも命脈を保つことになるわけです)。境界を超えるにふさわしい、プラットフォームとして更に拡大するPSO2があるとするならば、その「夢」を見せていくのも運営側のお仕事でしょう。
ドリキャスとPSOには、当時その一端を観せて頂きました。当時一人のセガファンとしてセガのハード事業撤退の時は悲痛な思いもしましたが、PSO2がその続きのひとつになれるのであるならば、本当にいいことだと思いますね。
スポンサーサイト

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

tag : PSO2運営方針考察

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

カザシロカズキ

Author:カザシロカズキ
ship4の片隅に生息する非エリートアークス
twitter @BadHunterPSO2

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
タグ一覧

近況報告 PSO2運営方針考察 世界観妄想 SS付き 強化関連 エステ関連 クエスト考察 PSO関連 二次創作気味 アルティメットクエスト PSO2放送局 個人的要望 バランス調整問題 アップデート予想 マガツ関連 レアドロップ報告 PSO2関連作品 チャレンジクエスト PSO2es マイショップ・相場関連 エクストリームクエスト クラフト PSO2イベント マイルーム関連 ダークファルス関連 マグ ファンタシースターノヴァ 

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR